2017年9月18日月曜日

人生の先輩に感謝 ~敬老の日~

少子高齢化でお年寄りが多くなる一方で核家族化が進み、近年益々おじいちゃん・おばあちゃんと離れて暮らす若い世代が増えています。その為、昔からのしきたりや風習がわからず、困っている方も多いのではないでしょうか。

水天宮では人生の先輩方が活躍しています。私たち巫女も身嗜み、躾、人生における教訓そして昔からの知恵など教えてもらう機会が多く感謝しています。
《いただいた言葉を一筆入魂!》

2017年9月1日金曜日

かっぱ ~水天宮の御神使~


水天宮の境内には安産子育河童の銅像があり、ご参拝の皆様がよく柄杓で水をかけていらっしゃいます。いったい水天宮と河童の関わりってなんだろう?と不思議に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2017年8月15日火曜日

想いや願いが届きますように。

去る8月11日、東日本大震災復興祈願祭とともに、七夕心願成就祈願を執り行いました。
6月下旬から8月7日まで境内に設置していた笹竹には、大変多くのご参拝の皆様に願い事を書いた短冊をかけていただきました。
七夕心願成就祈願は、全ての短冊を笹竹からお取りし、麻紐で束ねて復興祈願祭と共に行う御祭として、仮宮の時より執り行われ、今年で5年目を迎えました。 今度も多くの皆様にご参列いただき、滞りなくお納め致しました。

 さて、本日8月15日は72回目の終戦の日です。
ご先祖様は戦争はじめ震災・自然災害など数々の困難を経験し、そして復興を遂げてきました。その姿勢に思いをいたし、私達ひとりひとりが次代へとつなぐ架け橋でありたいと思います。
震災や災害の復興と世界平和そして、皆様のそれぞれの想いや願いが神様へと届きますようお祈り申し上げます。

2017年8月1日火曜日

「鈴虫祭」~有馬家縁の地にて~

水天宮と縁の深い福岡県久留米市には、当社宮司の祖先である有馬家の歴代5人の当主をお祀りする篠山神社がございます。久留米城本丸御殿の跡地に建てられた篠山神社は、久留米藩の歴史的遺構と文化を後世に伝える神社として、また、縁結びや学業成就の御神徳があると云われ、広く崇敬されています。
来る826日(土)夕方には、「鈴虫祭」が行われ、今年で58回目を迎えます。鈴虫祭は、昭和35年に参拝者様が自分の飼育した鈴虫5000匹を篠山神社に奉納したいという申し出を受けたことにはじまります。


当日、約400本の竹灯籠に灯りが灯された幻想的な風景の中、ボンボリ行列や太鼓の演奏などが行われ、多くの参拝者で賑わいます。またお祭りの名前の由来にもなっている鈴虫の放虫や配布もございます。
この夏、日本の様々な「祭」を味わうのもいいかもしれませんね。


☆篠山神社でお祀りするご祭神
※久留米城跡の中には、有馬家の貴重な資料を展示する有馬記念館もあります。