2016年8月15日月曜日

いのちのつながり

暦の上では秋ですが、全国的に大変な猛暑が続いております。この時期は親戚一同が集まって、ご先祖様への感謝と祈りを捧げるお盆の季節です。
お盆は元々、旧暦7月15日の中元節に行う習わしでした。東京では新暦の7月に、他の地域ではひと月遅れの8月15日前後に行われ、この時期には多くの方が帰省していますね。
日本古来の祖先崇拝の風習と仏教でいう法事が習合して今日のようなかたちになり、盆踊り・花火大会・灯篭(精霊)流しなど、祖先のみたまを慰めるための行事が行われるようになりました。

今日8月15日は、71回目の終戦の日です。全国各地で、戦争で亡くなられた方々を偲ぶ行事が行われています。
私たちが今こうして生きているのは、父母はもちろん、そのまた祖父母、曾祖父母と連綿に続いているからです。そしてお国の為にいのちを捧げた方々のおかげで、今日の平和な日本があります。今の暮らしのありがたさを実感すると共に、祖先への感謝を忘れず次代に繋げていきたいですね。

2016年8月1日月曜日

気を付けよう「歩きスマホ」

東京では漸く梅雨も明け、一段と夏らしくなって参りました。
話題のゲームが配信され、「歩きスマホ」といわれるスマートフォンの画面を見ながら歩く行為で思わぬ事故やトラブルが起こっているそうです。
その昔、深夜にラジオや音楽を聴きながら勉強する子供たちのことを「ながら族」と云い、親が子を注意していた時代もあったそうです。しかしながら、現在では公共の場で大人・子供に関わらず「歩きスマホ」と云われる行為を目にすることが多くなりました。
私達は、携帯電話ひとつで連絡を取り合えたり、ゲームができたり、音楽を聴いたりというような便利な世の中で生活しています。一人ひとりが他の人に迷惑をかけないようにマナーを守って、日々過ごしていきたいものですね。
☆当社では交通安全御守をお頒けしております。可愛い子宝犬のイラストが織り込まれています。 是非ご参拝の折には、ご覧下さい。

2016年7月15日金曜日

夏の風物詩

7月に入り、浴衣でお参りにいらっしゃる方を見かけるようになりました。
皆様は日本の夏といえば何を思い浮かべますか?
私たち巫女も、「夏」で思い浮かぶものをあげてみたところ、夏祭り・浴衣姿・かき氷・花火・海・すいか割り・水風船・蚊取り線香・朝顔・向日葵など、夏の風物詩がたくさんでてきました。
日本では昔から、打ち水や涼しげな風鈴の音色で暑い夏を過ごす為の様々な工夫がなされていました。しかし、ここ数年の35度を越えるような猛暑にはとてもたちうちできませんね。

当社では気温の高い土・日・祝日・戌の日に限り、皆様へ涼しさを感じていただけるよう境内に簾(すだれ)、氷柱、おしぼりをご用意しています。猛暑日が続きますが、体調管理には充分お気を付けてお過ごし下さいませ。

2016年7月1日金曜日

大和撫子


皆さまは「やまとなでしこ」という言葉を聞いたことがありますか。
ヤマトナデシコの花は、日本の固有種であるカワラナデシコの別名で、その清楚で可憐な様子から、奥ゆかしく慎み深い日本の女性を称える言葉として用いられてきました。また、ナデシコの凛とした芯のある強さから、サッカー女子日本代表の愛称「なでしこジャパン」としても親しまれています。
さて、私たち巫女は御祈祷など御神前で奉仕をする際に、花簪(はなかんざし)を頭に付けます。今の時期は撫子(なでしこ)の花をつけ、皆様をお迎えしています。
季節により簪の花の種類が変わります。
多くの女性が活躍できる現代社会において、私たち巫女も神明奉仕の中で、神様と皆様とをつなぐ大切な役目を担っております。
喜色満面の笑みであふれる神社で、「大和撫子」のような女性になれたらいいなと思います。

2016年6月15日水曜日

あしもと注意 !

梅雨に入り、紫陽花がきれいな季節になりました。
この時期は、お出かけの際に、足下が濡れてしまうことがあるのではないのでしょうか。
当社は、1階に参拝者専用の回廊があり、雨の日でも濡れる心配なく歩くことができます。
回廊には公道との境界に、植栽帯(緑の植物が植えられた部分)がめぐらされており、深い溝になっています。この溝は、大地震の時に境内地全体が水平方向に動くことを想定して作られた、免震構造の為の重要なスペースです。

皆様、回廊を歩く際は植栽帯に充分お気を付け下さい。
※特に小さなお子様をお連れの方は、お子様から目を離さないようお願い致します。

2016年6月1日水曜日

「ゞ」を知っていますか?

今回は、当社の社報やブログの表記である「みすゞ」の「ゞ」について皆様にお伝え致します。
はじめに「みすゞ」は「ミスズ」と読み、この「ゝ」は踊り字や重ね字とも呼ばれ、古くより同じ文字が繰り返される時に使われていました。
 例)「学問のすゝめ(福沢諭吉著)」・「いすゞ」・「ぶゞ漬け」等
また、縦書きが主流であった時代には、二度同じ字を重ねるかわりに「ゝ」や「々」等をくずし字として使っていたようです。
踊り字やくずし字について勉強しています。

今ではあまり使われなくなった表現や表記も多くありますが、古の人より受け継がれてきた美しい日本語を多くの若い世代の皆様にも知っていただければと思います。

2016年5月15日日曜日

お参りの証

新緑のまぶしい季節となりました。
さて今回は、「水天宮と 辨財天様の朱印、どちらを受けたらいいのですか。」という皆様より多く寄せられる質問の一つにお答えいたします。
 
一冊一冊記帳してから、印を押します
当社には、水天宮にお参りされた証である水天宮御朱印と境内の御末社へお参りされた証である寶生辨財天御朱印と2つございます。どちらか一方を受ける方や2つとも受ける方など、気持ちにより様々ですので御心のままにお選び下さい。
帳面をお持ちでない方には、当社でも御朱印帳をお頒けしております。

御朱印ブーム等といわれるほど、近頃は御朱印を受ける方が大変多くなりました。
スタンプラリーではないので、朱印を受ける際は神様にお参りしているという気持ちを忘れず、お受け頂きたいと思います。